バイスマはバイアグラのジェネリック

バイスマとは、世界中で有名となっているED治療薬の【バイアグラ】のジェネリック医薬品のことで、先発品のバイアグラと同じ有効成分【シルデナフィル】を含んだ薬剤となります。

この有効成分で得られる効果は、先発品と後発品で違いがでてはいけないという決まりが定められております。

有効成分などの規定の量を、しっかりと守って製造しなければならないという決まりとなっておりますので、先発品のバイアグラと効果は同等となります。

錠剤の形や味などの変更をして、服用しやすくすることは特に問題ありません。

また、同じ効果を得られる後発品のお薬でも、先発品と同じ商品名をつけてはならないという決まりも義務付けされています。

バイスマはバイアグラのジェネリック

バイスマとは

バイスマとは、インドにあるレクメズ社という企業によって開発されたED治療薬で、世界中で有名なバイアグラのジェネリック医薬品のことです。

レクメズ社は、インドにいる日本人も監修として関わっており、日本人の体質などに合うように商品が開発されておりますので安心して服用することが出来るかと思います。

バイスマは、先発品であるバイアグラのサイズよりも小さく製造されており、服用しやすいように改良されて販売されております。

先発品のバイアグラの特許が切れた後に製造されたジェネリック品なので、コストを抑えて製造することができる為、効果はバイアグラと同等ですがお安く販売されております。

勃起時の硬さが特徴的な商品です。

先発薬のバイアグラとは

バイアグラとは、1998年にファイザー社という企業により開発された、世界で初めてのED治療薬となっております。

もともとは、狭心症の治療薬として使用されておりましたが、服用した方からEDへも効果があるという声が多かったことから研究に至り、研究結果にてバイアグラに含まれている有効成分の【シルデナフィル】が、狭心症だけでなく勃起不全へも効果があると判明したためED治療薬としても開発されたようです。

海外で、バイアグラが製造・販売された1年後には日本国内でも直ぐに認められて製造・販売されるほど認知度が高く、使用を望む方が多くいらっしゃいました。

EDとは、陰茎の勃起を妨げてしまう酵素が、原因となり引き起こされてしまいます。バイアグラを飲むことでこの酵素の発生を抑制させ、海綿体の血流を良くし、勃起を促がしてくれます。

バイアグラを性行為の約1時間前に服用すると、空腹時であれば30分後くらいには作用し始め、性的刺激を与えることにより血管の拡張作用により勃起がおこります。

ジェネリックとは

ジェネリック医薬品とは、特許の切れた後に製造が許可される後発医薬品のことです。

通常、新しいお薬・成分を作るには10~17年という長年の研究と、その研究の研究費として数億~数千億という膨大な費用が必要となります。

こうして作られた新しいお薬には、約20~25年の間、特許が与えられ、他の製造会社などに使用されること無く独占して製造・販売することができます。

しかし、新薬の特許期間が切れた後なら、他の企業やメーカーも同じ有効成分を使用して製造することができるのです。

既に安全性や有効性について研究されているので、先発品に発生した費用や長年の研究などを行う必要がなく、新薬のお薬を飲みやすくする為に形状や味を改良して製造するくらいとなる為、短い期間でコストも抑えて製造することができ、同じ成分を使用して製造してもお安く販売することが可能なのです。

また、同じ有効成分を使用するので、効果はほぼ同等となっています。

バイアグラジェネリックの相場

海外では現在、バイアグラのジェネリック(後発品)は、様々なものが販売されておりますが、先発品のバイアグラと比べると、バイアグラ・ジェネリックはどのくらいお安くなるのか相場をお教えいたします。

【先発品:バイアグラの場合】

■バイアグラ

   
100mg 4錠5,780円
50mg 4錠5,380円

【後発品:バイアグラ・ジェネリックの場合】

■バイスマ

   
100mg 4錠1,750円
50mg 4錠1,700円

■カマグラゴールド

   
100mg 4錠1,840円
50mg 4錠1,840円

■スーパーカマグラ

 
160mg 4錠1,950円

バイアグラ・ジェネリックのお値段はだいたい、1,700円~2,000円となっており相場の目安は、1,800円前後となっております。

先発品のバイアグラと比べると、後発品のバイアグラ・ジェネリックは約3分の1のお値段となっており、お手頃な価格で購入することができます。

使用されている有効成分は同じシルデナフィルとなっている為、効果は同等となっております。

日本国内では、まだ後発品の製造・販売の許可は下りていないため、販売されておりません。

また、ご紹介したお薬以外にも、バイアグラ・ジェネリックの種類は多数あり種類が豊富となっております。

バイスマの効果

バイアグラのジェネリックであるバイスマの効果は、先発品のバイアグラと同じ有効成分である【シルデナフィル】を含むため、製造会社などが異なっていても効果に変わりはありません。また、ジェネリック商品と先発品の効果が違っていてはいけないという決まりが定められております。

その為、バイスマもバイアグラと同じく、【シルデナフィル】によってEDの原因となっている酵素のPDE5が活性化してしまうのを抑制させ、一酸化窒素を作動させる神経へと作用して血管の拡張を誘発し、血流量を増加させます。

血流量が増えることにより、陰茎への流れも増え勃起を起こりやすくしてくれます。

バイスマを服用すると、約1時間後から効果が現れ、効果の持続時間は、約4~6時間となっております。

あくまでも、勃起の補助をしてくれるもので、性的刺激がなければ勃起はおこりません。

また、勃起への効果はありますが、精液の量を増やしたり、精力剤などの効果はありません。

バイスマの飲み方

バイスマの飲み方は、先発品のバイアグラと同じように、効果を発揮したい性行為を行う約1時間前に服用することをおすすめされております。

服用量:体質や体調によって効果変わる為、25mgから飲み始めましょう。効果が感じられない場合に、50mg・100mgへと量を増やして調整して服用下さいませ。

服用時間:食前

  • 1回服用すると、24時間以上の間隔をあけることが必要です。
  • バイスマの有効成分の【シルデナフィル】は、腸から吸収されて体内の血液へ流れていく為、胃に食べ物があると腸へ運ばれず胃で吸収されてしまい、効果を発揮できません。
    バイスマの服用は空腹時、できれば2時間前から食事を取らないことを推奨されております。
    又、服用前に、脂っこい食事をとると腸壁へお薬の成分が付着してしまい、吸収が悪くなってしまうので控えましょう。
  • アルコールとの併用も問題ないとされております。しかし、血管を拡張させる作用がある為、酔いを早めてしまいます。飲みすぎには注意が必要です。

バイスマの購入方法

バイスマを購入したい場合、日本国内では、バイアグラジェネリックの製造・販売がまだ許可されていない為、購入することはできません。

日本でバイアグラのジェネリックの販売や製造は、まだありませんが、海外ですと多数のバイアグラのジェネリックが販売されております。

もちろん、バイスマも日本での販売はない為、購入する場合は、個人輸入代行業者が運営している海外通販サイトを利用することで簡単に購入することができます。

通常、海外の商品を購入する場合、税関での手続き等が必要となってきますが、その手続き等を全て代行して行ってくれます。

普段、通販サイトなどでの、ネットショッピングと変わらず、同じような流れで簡単に購入することができます。

EDとは

EDとは、ErectileDysfunctionの略であり、【勃起機能低下】のことを意味しております。

もともとは、インポテンスと言われておりましてが、ラテン語で差別用語であることを意味する為、EDといわれるようになりました。

性的行為をするためには、性的刺激により陰茎が勃起をし、膣内に挿入することができて、膣内射精を行えなくてはなりません。

EDは、勃起障害などと言われておりますが、完全な勃起不全の方以外にも、勃起をしても途中で萎えたり、勃起するまでに時間が掛かってしまったりなどといった事により、性行為が上手くいかないこと全てをまとめてEDといいます。

EDになるのは、中高年の方のみと思われがちですが、中高年のみでなくストレスを抱えていたり、不規則な生活を続けている若い世代の男性もEDになりやすい傾向にあります。

現在、日本国内でED【勃起機能低下】に罹患している方は、約1000万人以上いるといわれております。

約3割の夫婦が、EDになったことがあるとしており、不妊の原因のひとつにもなっているとのことです。

EDの原因

通常、勃起をするときは、性的刺激により脳からの指令で、陰茎に命令が伝わり陰茎海綿体の動脈が拡がっていき、血液の流れが増加することで勃起をします。

しかし、心因性・器質性・薬剤性・混合性などの要因により、この指令が上手く行われずにEDとなってしまいます。

  • 【心因性】
    心因性とは、生活の中でのストレスや緊張、プレッシャーなどが原因によっておこるものとなります。
  • 【器質性】
    器質性とは、身体への影響によるものとなっており、加齢による生殖器機能の低下や、生活習慣病による動脈硬化や血流障害によるもの、神経障害などによるものなどがあります。
  • 【薬剤性】
    薬剤性とは、服用している薬の副作用などにより、EDになってしまうものです。とくに精神安定剤や、降圧剤などを服用している方にみられるようです。
  • 【混合性】
    混合性とは、器質性と心因性の混合したものが原因となっている場合ですが、複数原因があり原因を特定することが難しいと言われております。

EDの症状

勃起不全になってしまうことだけがEDの症状と思われがちですが、様々な症状があり、下記のような症状もEDに該当します。

  • 性欲はあるが、性的刺激を与えても勃起はしない。
  • 勃起をするまでに、長時間掛かってしまう。
  • 勃起をしても持続力がなく、続かない。
  • 勃起をしても、硬くならない。
  • 勃起をした後、挿入すると途中で萎えてしまい中折れしてしまう。
  • 状況や場面によって、勃起したりしなかったりする。

EDでは、このような症状が主に見られるようです。

また、EDに罹患する年齢別の割合では、50代後半から半数の割合を占めております。

40代だと、4人に1人が、50代だと3人に1人が、60代だと2人に1人が罹患しております。

もちろん加齢により生殖器機能も低下しくるので、年齢と共にEDへ罹患する方も増加していく傾向にありますが、ストレスやプレッシャーなどといった心因性の原因でのEDは、若い年代の方にも多くみられております。

ED治療薬の種類

ED治療薬には、1999年に世界で初めて、製造・販売されたED治療薬のバイアグラを始め、現在いくつかのED治療薬が販売されており、【バイアグラ】【レビトラ】【シアリス】【ステンドラ】【ザイデナ】等の種類があります。

この中で現在、日本で許可されており製造・販売されている商品は、【バイアグラ】【レビトラ】【シアリス】の3種類となっております。

ED治療薬には、PDE5というEDの原因となっている酵素によって、CGMPが分解されるのを抑制し、勃起を促す作用があります。

しかし、それぞれのED治療薬によって、特性や持続性・服用時間などが異なってきます。

体質や体調などによって効果の出やすさや、合う商品が様々ですので、飲み比べてみるのも良いかと思います。

バイアグラ

バイアグラは、ファイザー株式会社により取り扱われており、見た目は青くてひし形の形状をしている商品で、シルデナフィルクエン酸塩を有効成分として含んでおります。

1999年3月に世界で初めて開発され、ED治療薬として世界的に有名で安心して服用できるということが特徴的です。

服用するタイミングは、性行為1時間前となっておりますが、空腹時であれば約30分で作用し始めます。

効果の持続時間は、約5時間程となっております。

食事と併用すると、効果が減少してしまう恐れがある為、空腹時に服用するか、食後2時間後に服用する方が良いです。

レビトラ

レビトラは、バイエル薬品株式会社により取り扱われており、見た目は、オレンジ色をした丸い形状をしている錠剤で、塩酸バルデナフィル水和物を有効成分として含みます。

レビトラは、非常に水分に溶けやすい性質となっており、即効性に優れていることが特徴的です。服用するタイミングは、性行為の30分前となっており、持続時間は約5時間となっております。

食事の影響は、とくにありませんが、服用は食後2時間後をオススメされております。

シアリス

シアリスは、日本新薬株式会社により取り扱われており、見た目は、黄色くてしずく状になっている錠剤で、タダラフィルを有効成分として含んでおります。

レビトラやバイアグラなどと比較すると、マイルドな効き具合となっているため、長時間持続します。持続時間は、24~36時間となっております。

服用するタイミングは、性行為30分前となっており食事の影響は特にありませんが、食後2時間は空けたほうがよいとされております。

ステンドラ

ステンドラは、Menarini Group社という企業により取り扱われている世界で4番目に開発されたED治療薬で、白くて大きな錠剤となっておりアバナフィルを有効成分として含みます。

日本国内では、まだ承認されていない商品となっていますが、クリニックによっては厚生省に許可を得て個人輸入し、処方しているところもあるようです。

かなり即効性に優れており、15分ほどでは効果がではじめるという即効性が特徴的な商品です。

ザイデナ

ザイデナは、韓国の東亞製薬により取り扱われている白色の丸い錠剤で、ウデナフィルを有効成分として含んでおります。

日本国内では、まだ承認されていない商品となっております。

約30分程で効果が現れ始め、効果は最大、12時間以上持続するようです。

服用するタイミングは、性行為30分前となっており食事の影響は特にありませんが、食後2時間は空けたほうがよいとされております。

又、バイアグラと比べるとザイデナの方が副作用は少ないといわれております。

まとめ

  • バイスマは、世界で初めて開発されたED治療薬のジェネリックとなっており、バイアグラと同じ有効成分【シルデナフィル】を含み同等の効果をだすが、先発品のバイアグラの半分以下のお値段で購入することができる。
  • EDとは、ErectileDysfunctionの略であり、【勃起機能低下】のことを意味している。勃起不全のみをいうのではなく、勃起をしても途中で萎えたり、勃起するまでに時間が掛かってしまったりなど、性行為が上手くいかないこと全てをまとめてEDという。
  • EDの原因は、加齢によるもののみでなく、心因性・器質性・薬剤性・混合性などの要因によって勃起不全となっている。
  • バイアグラのジェネリックは、日本国内ではまだ認められていないが、海外では種類が豊富で価格もお手頃で多数販売されている。