ED(勃起不全)と高血圧の関係

ED(勃起不全)と高血圧の関係

ED(勃起不全)の原因は、ストレスからくる心因性のもの、薬剤によるものなど様々ですが、高血圧によって起こる動脈硬化がEDを引き起こすケースも多くあります。

この記事では、EDと高血圧の関係について簡単かつ詳しく解説していきます。

まず高血圧とは、安静にしている状態で血圧が正常値よりも高い状態のことを指します。

そのため、身体を動かしたりすることで起こる、血圧の上昇を高血圧とはいいません。

また、高血圧になると血管に常に負担がかかった状態になり、血管に柔軟性がなくなることで動脈硬化を起こしやすくなります。

こういった理由から、高血圧の人はEDになりやすいと言われています。

中高年になると身体にガタがきて、特に生活習慣の乱れている方は血管が衰えやすくなります。
そして動脈硬化といった血管系の疾患を患い、EDの発症に繋がります。

まず、陰茎が勃起するためには陰茎海綿体という部分の血管を緩ませ、血液を流し込む必要があります。
ですが、高血圧によって衰えた血管は緩みにくくなり、陰茎に血液を流し込むことができなくなります。

また、高血圧症患者の67%がEDを併発したという報告も上がっているほどです。

特に循環器系の疾患をお持ちの方ほどEDを併発している可能性が高くなります。
では、高血圧の人がEDになったらどうやって治療していくのでしょうか。

EDを治療するにはED治療薬を用いることが基本です。
ですが、高血圧の人はED治療薬を使うことができないと勘違いされていることが多くあります。
高血圧の人がED治療薬を使う場合には注意点がありますが、実は適切に使えば高血圧の方でもED治療薬は服用可能です。

その証拠に、EDの診察時には血圧測定が必ず行われます。
なぜなら、ED治療薬は血圧が170/100(mmHg)を超えると服用できないからです。

もし高血圧の状態でED治療薬を服用すると、血圧が急激に低下することがあり危険なためです。

ですが、高血圧の方が降圧剤などを服用して血圧を下げるなどして、血圧のコントロールがしっかりできていればED治療薬を服用できる場合があります。

高血圧の方でED治療薬を服用したい方は医師へ相談することを推奨します。
また、病院でEDの診察を受けるのが恥ずかしいと感じる人も多いかと思います。
そんな方には通販購入がオススメです。

通販でED治療薬を購入すると病院へ行く手間も省けてジェネリックが豊富なため、治療費を抑えながらED治療に励むことができます。
ちなみに私はバイスマというバイアグラジェネリックが好きで、通販サイトでよく購入しています。

バイスマはバイアグラのジェネリック