ED(勃起不全)と糖尿病の深い関係

ED(勃起不全)と糖尿病の深い関係

ED(勃起不全)になってしまうと男性としての活力を失ってしまいます。
まずEDのタイプには、

  • 心因性ED・・・精神的なものからくるEDで、若い人に多い
  • 器質性ED・・・動脈硬化、神経に障害がある人、50歳代に多い
  • 混合型ED・・・心因性EDと器質性EDが複合したED、50歳代から60歳代に多い
  • 薬剤性ED・・・薬剤の副作用からくるED

がありますが、実は糖尿病が原因でEDを発症することもあります。
この記事では、ED(勃起不全)と糖尿病の深い関係について、簡単かつ詳しく解説していきます。

まず、糖尿病とはインスリンが十分に働かないことによって血液中のブドウ糖が増加する病気です。
インスリンは膵臓から出るホルモンで、血糖値を一定にする働きを持ちます。

インスリンが十分に働かないまま血糖値が高い状態が続くと、次第に血管が傷ついていきます。
また、糖尿病は進行していくと足の切断を余儀なくされる場合もある怖い病気です。

ここで重要なのは血管が傷つくということです。
勃起するのには陰茎に血液を流し込む必要がありますが、血管が傷ついて硬くなると、陰茎の血管が緩みにくくなり、十分な勃起に至ることができなくなります。

また、糖尿病によって高血糖状態が続くと、血管を拡張させるために重要な自律神経が正常に働かなくなり、神経伝達が悪化します。
そして性的刺激に対して鈍感になり、勃起力も低下していきます。

こういった糖尿病によって起こるEDのことを、糖尿病性EDと言います。
糖尿病になってしまうと、健康な人に比べてEDの発症率が2、3倍も高くなると言われているほどです。
糖尿病は、肥満の方や運動不足の方がなりやすく中高年に多い病気です。
日頃からストレスをためない、運動習慣をつける、暴飲暴食しないなど、生活習慣の改善を意識することで予防に繋がります。

糖尿病性EDは根治が難しい病気ですが、ED治療薬を使うことで改善が可能です。
実際に薬の効果が効く人は6割程度とされており、糖尿病における血管障害が進行している人ほど効きにくくなります。

糖尿病性EDが疑われる人は、糖尿病を診察してくれる内科やEDを診察してくれる泌尿器科などに相談しましょう。

また、個人輸入代行の通販サイトでもED治療薬は購入できます。
通販で購入すると病院のような診察代がかからず、ジェネリックも豊富で治療費を安く抑えられるメリットがあります。

ちなみに私は糖尿病性EDではありませんが、バイスマというバイアグラジェネリックを好んで通販購入しています。

バイスマはバイアグラのジェネリック