ステンドラ(ED治療薬)

ステンドラは第4のED治療薬と呼ばれ、先に販売したバイアグラ、レビトラ、シアリスの良い部分を集結させたED治療薬です。

これまで先に販売されてきた代表的な3種ではどれも欠点がありました。

バイアグラ………食事の影響を受けやすく、副作用が強い。
レビトラ………即効性こそあるものの勃起力が弱め。
シアリス………長く続く分だけ効果発揮が遅い。

そんな問題をステンドラは2014年まで開発を続け、全ての欠点を補いながら良い所だけを集めた、言わばED治療薬の集大成と言っても過言ではないでしょう。

Amazonや楽天では販売しておりません。正規品のみ扱っている安心・安全な「お薬なび」さんで通販可能です。

内容量 価格 単価(1錠)
100mg/4錠 5,400円 1,350円

ステンドラの効果・効能

ステンドラの作用機序はこれまでのED治療薬と同じ働きでEDを改善します。

有効成分アバナフィルは血管拡張作用があります。
これによってEDの原因となる海綿体への血流不足を解消し、しっかり血液を含んだ海綿体が膨張することで確かな勃起を引き起こすことができます。

またステンドラはPED-5阻害剤としても知られ、このPED-5酵素と呼ばれる体内物質を防ぐ働きがあります。

EDの原因はこのPED-5と呼ばれる酵素が体内で勃起の妨げを行ってしまうことで中折れや満足のいく勃起をすることができなくなっているため、ステンドラを服用後のアバナフィルが聞いている間は酵素の働きが活発になることなく、持続することが可能です。

働きかける作用機序はバイアグラなど先に販売したED治療薬と同じです。
しかしアバナフィル最大の特徴でありメリットは、レビトラをもしのぐスピードの速さにあります。

レビトラでも十分早いと言われる30分程度もステンドラは早い方であれば15分程度で効き始めるほど水分に溶けやすい性質があります。
それだけでも選択するメリットがあるのですが、成分開発が日本の田辺三菱製薬会社と日本企業のため小柄な日本人でも服用しやすいような構造になっており副作用も引き起こしにくい点もメリットと言えるでしょう。

バイアグラの勃起力を保ちながらレビトラの早さをしのぎ、シアリスと同じ副作用を抑えることに成功したED治療薬こそがステンドラの正体となります。

これらのことからステンドラを服用することで得られる効果は次のようになります。

  • 勃起力向上
  • 勃起の持続

ステンドラの価格

ステンドラは新薬としてアメリカで2014年に発売開始となりました。

Amazonや楽天では販売しておりません。海外通販代行サイトで簡単購入出来ます。

※正規品のみ取り扱いの安心・安全で有名な「お薬なび」さんの価格をご紹介しております。

内容量 価格 単価(1錠)
100mg/4錠 5,400円 1,350円
100mg/12錠 14,580円 1,215円
100mg/28錠 30,240円 1,080円
内容量 価格 単価(1錠)
200mg/4錠 7,200円 1,800円
200mg/12錠 19,440円 1,620円
200mg/28錠 40,320円 1,440円

ステンドラの副作用

ステンドラは他のED治療薬同様に副作用があります。

もちろん世界初のバイアグラが販売されたのが1998年であり、遅れて2014年、16年も開発を進めてきた成分だけに副作用は引き起こしにくいと言われていますが、中でも代表的な副作用を紹介していきましょう。

  • 頭痛
  • 顔のほてり
  • 鼻づまり
  • 動悸
  • 吐き気
  • 胃のむかつきなど

効果の枠で少し触れたようにステンドラの血管拡張作用によって顔のほてりや動悸などが生じる場合があります。
お酒を飲んだ経験のある方であればわかるかと思いますが、少しほてっているような感覚です。

そのため深刻に捉える必要がなくステンドラの効果が薄れると同時に副作用もなくなるので安心です。
しかしこれらの症状が長引く場合や、私生活に影響されるほど重い場合には医師に相談すると良いでしょう。

これらの副作用のほか、重篤な副作用もいくつか報告されています。
次に紹介する副作用を引き起こしている場合には、ステンドラの服用をすぐに止めて医師に必ず相談しましょう。

  • 視界能力低下
  • 発作、不安障害
  • 勃起時間の延長

視界能力低下はステンドラに限らず他のED治療薬の臨床試験でも報告されています。
頻度こそ不明ではありますが、突如視界が青や緑色に見えるようになってしまったり、丸いものが視界に入り込むなどの報告が上がっています。

ステンドラの持続時間は平均して5時間程度とされていますが、この時間を経過しても刺激なしで勃起が静まらない場合には勃起時間延長の疑いがあります。

発作や不安障害に関しては薬の飲み合わせはもちろん、効果が強く効きすぎている可能性やアナフィラキシーショックの疑いがあります。

ステンドラの注意点

ステンドラは医薬品となっているため飲み合わせる薬に注意しなければいけません。
これを併用禁忌薬、注意薬と呼ぶもので実際の調剤薬局でも現在服用している薬などを聞かれた経験がある方も多いのではないでしょうか?
あれはこれから服用する薬との相性を判断するためのもので、これはステンドラも例外ではありません。
ここではステンドラと一緒に服用してはいけないもの、注意点などを解説します。

併用禁止薬

  • CYP3A4を阻害する薬剤(リトナビル、アデムパス、ケトコナゾールなど)
  • クラスIA抗不整脈薬(キニジン、プロカインアミドなど)
  • クラスIII抗不整脈薬(アミオダロン、ソタロールなど)
  • 硝酸剤及びNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど)

これらを併用してしまうと、降圧作用が強く出てしまい急激な血圧低下につながる危険性が報告されています。

そのほかにも症候性低血圧、血漿中濃度が上昇、QTc延長などが臨床試験で報告されているため、ステンドラとの併用は絶対に禁止です。

併用注意薬

併用注意薬ですが該当する場合には用量を調節したり慎重投与になるため、医師や薬剤師でなく判断が難しい場合には必ず相談してから服用開始しましょう。

  • CYP3A4を阻害する薬剤(マクロライド系抗生物質、ビカルタミド、リファンピシン等など)
  • α遮断薬
  • カルペリチド

血漿中濃度の上昇と低下によって、効果や副作用が強く出てしまう恐れがあります。
それ以外でも症候性低血圧や血圧低下に繋がる危険性が報告されているので注意しましょう。

その他

薬以外での飲み合わせ危険があるとすれば、グレープフルーツが代表的です。
薬とグレープフルーツ?と思うかも知れませんが、グレープフルーツはジュースを含めフラノクマリンと呼ばれる成分が配合されています。

フラノクマリンはアバナフィルの成分吸収を送らせてしまう性質があります。
これによって本来馴染んでから効果が消えるまでの時間に遅延が生じてしまい、効果を長引かせてしまう可能性があります。

副作用も同時に長引いてしまうと捉えることができますので、一緒に摂取しないようにしましょう。

グレープフルーツが代表的ですがザクロなどの柑橘系に含まれている場合もあるので、フルーツを食べる場合には必ず確認してから口にするようにしてください。

注意点まとめ

併用禁忌と注意薬を記載させていただきました。
持病を抱えてしまっていたり、現在治療中によって該当する医薬品を使用している場合には、特に取り扱いに注意して服用してください。

医薬品の併用に関しては特に専門的知識が必要となるため、少しでも不明点がある場合には自身の健康を守るためにも必ず医師に相談しましょう。

併用だけでなくそもそもステンドラを服用してはいけない人を最後にまとめておきました。

  • 有効成分バルデナフィルに対しアレルギー反応がある男性
  • 網膜色素変性症を患っている男性
  • 不安定狭心症の男性
  • 低血圧の男性(上90下70以下)
  • 先天性のQT延長をお持ちの男性
  • 重度の肝障害、腎障害を抱える男性
  • 心血管系障害など、心筋梗塞・脳梗塞を過去半年以内に発症した男性

これらに該当する方はステンドラを服用する事ができないと指定されていますので、残念ですが服用はしないでください。

ステンドラの口コミ・体験談

ステンドラを購入するためには個人輸入代行が必須条件となります。
これまでクリニックや病院などで処方してもらっている方にとって、ED治療薬を通販で購入することは少し抵抗があっても当然でしょう。

そこで今回ステンドラを実際に個人輸入で購入している方々の口コミや体験談などをいくつか集めてみましたので参考にしてみてください。

30代後半男性

通販でED治療薬を買うのは初めてでしたがステンドラがあったのではじめはしょうがなしに使ってみました。
もちろん不安の方が大きかったですけど、これまで使ってきたED治療薬がどれも体質に合わないので仕方ないですよね。
使ってみた感想としてはAMAZONと何も変わらず普段からプライム会員で物を購入するので、まったく同じ感覚でしたね。
ただ時間がかかってしまうので、それだけは我慢しないといけないかと思います。

50代後半男性

ステンドラは前々からネットで存在を知っていたので気にはなっていました。
年齢を重ねてくるとチンコだけでなく身体に負担が大きいのでバイアグラが強すぎますし、シアリスを選ぶと効果が弱くてイマイチ盛り上がりません。
ステンドラは服用したことがないのですが、これまでのどんな薬よりも効果が良く副作用もないと書いていたので明日の服用が楽しみです。
商品はしっかり届いたのですがお気に入りのれもんちゃんの出勤が明日なので待ち遠しいです、、、

40代前半男性

ED治療薬と言えばもうステンドラしか考えられません。
これ以上ないと断言できます。
これからED治療薬を始める人も、そうでない人も絶対にステンドラに切り替えた方がお買い得かつ効果が良いですよ。

30代前半男性

副作用が嫌でしたので今までシアリスジェネリックしか服用したことがありませんでしたが、ステンドラは副作用なくもっと効果が強い、そして早いそうなので購入して使ってみました。
まずは空腹時に一錠飲んでみましたが私には強かったようで半分にして服用した方が良さそうです。
後日軽く軽食を挟んだ後に半分にして服用してみました。
軽食後だったのか効果が出るまでに30分程度かかりましたが、それでもシアリスに比べたら十分+お釣りが出るほど強かったですよ。
満足です。

40代後半男性

久しぶりに再会した高校の同級生と飲んでいた時に、やはり話すネタは下ネタでした。
40に入ると性欲はあっても体が言うこと聞かないよね~なんて話になり、私も発散したいのですがもどかしい日常だと話してみたらステンドラを紹介されました。
半信半疑でしたし、酔っていたこともありその日はそのまま終わったのですが翌日に思い返すとやはりほしくなって近場のクリニックに行ってみました。
先生にステンドラの話をしたら日本では取り扱ってないと言われ、のぞいてみた先が通販サイトでした。
少し高いのに驚きましたがバイアグラなどを見てもあまり値段が変わらなかったのでこんな感じなのでしょうね。
1錠服用してみて本当に驚きました。
こんなにも元気になるの!?と自分自身を疑ったと同時に、久しぶりのオナニーはあまりに気持ちよすぎて二日連続で服用しています。
まとめて買った方が安くなるので次はまとめ買い確定

口コミ・体験談まとめ

ステンドラを購入する人は今まで販売されてきた代表的なED治療薬に不満を持っている、その他にも通販を利用する事で安く購入できるような口コミが非常に多く集まっていました。
ステンドラを服用後はこれまで懸念されていた問題が解決できるなど満足度は非常に高いようです。

ステンドラジェネリック医薬品

まだ販売して間もないステンドラですが、実はインドではステンドラジェネリックが販売されています。

これは世界でも貧しく満足な治療を受けられない子供たちを無償で支援する団体「国境なき医師団」たちが使う薬に秘密が隠されています。

彼らはそんな医療を満足に受けられない人を対象に完全無償での治療を行いますが、高額な新薬を使い続けるのは負担が大きくなってしまいます。

そこで同じ成分を配合したジェネリック医薬品を用いて治療を行いますが、世界の薬事法では新薬が開発後は約10年ほどジェネリックの開発をしてはいけない規則があります。
しかしインド独自の法律では、新薬のジェネリックをすぐに開発しても良いとされており、実際にそのジェネリックを使って多くの人々が治療を受けられている現実からアメリカ保健機関であるFDAも認めざるを得ない状態となっています。

これはステンドラにも同じことが言えるため、ステンドラジェネリックがインドの商品を選択する事で購入することが可能です。

では実際に通販サイトで取り扱われているステンドラジェネリックをいくつか紹介していきましょう。

ドラスマ

ドラスマはジェネリックを専門に製造するレクメズ社が手掛けたステンドラジェネリックになります。
錠剤は白く丸型と一般的な薬剤形状となっており、小型化されているため服用しやすくなっています。

ステンドラは用量に100.200mgの2種類ありますが、ドラスマの場合には100mgのみ用意されています。
しかし200mgは海外の体格が大きい男性に向けた用量であるため日本人であれば100mgで十分な効果を得られると思います。

それでも強いと言う方であれば錠剤を半分にして50mgから始めても良いでしょう。
レクメズ社は日本人が監修している企業であるためパッケージが日本語表記になっており、無駄を嫌う日本人のためにシートに折り目がついて使ったらゴミは捨てられるような構造になっているなど、より細かい点まで配慮された商品になります。

ドラスマの詳細こちら

アバナ

アバナもインドのジェネリック製薬会社でサンライズレメディーズ社が手掛けたステンドラジェネリックです。

インドの古くから伝わる健康法を取り入れた医薬品を数多く取り扱っており、世界に発信しています。
WHOの規定にそって低価格で商品を展開していることからインドの中でも注目され始めている製薬会社となります。

アバナは赤く三角形型の錠剤になっています。
少し大きく飲みづらさを感じる場合もありますが、そんな場合には錠剤を割って飲みやすいサイズに調整してから服用しても同じ効果を得ることができます。

用量は50.100.200mgと3種類あるため、日本人でもっとも服用しやすい50mgを選択すれば錠剤をカットする手間も省くことができます。

アバナの詳細こちら

スーパーアバナ

スーパーアバナはアバナと同じサンライズレメディーズ社が販売するステンドラジェネリックです。

名前にスーパーがついているように、アバナの上位互換だと思ってください。

何が違うのかと言えば、アバナフィルの成分だけでなく早漏防止のダポキセチンが同時に配合していることで日本では治療が困難とされる相当も同時に解消することができます。

ダポキセチンが配合されているため他ジェネリックよりも少し割高となります。
錠剤はアバナ同様サイズは一緒の三角形ですが、同じように飲みやすいサイズにすれば服用しやすくなります。

また成分量がダポキセチンも入っているので260mgと160mgとなります。(60mgがダポキセチン)
ダポキセチンの推奨用量は30mgとなっているので、錠剤は半分にして服用すると良いでしょう。

スーパーアバナの詳細こちら

ステンドラジェネリックのまとめ

このようにインドでは特別な独自の法律によって新薬の特許が切れてもジェネリックを製造することが可能です。
ステンドラではこのようなジェネリックが販売されていることから新薬を選択しなくても安値で同じ効果を得ることができます。

ジェネリックに抵抗の多い日本人ですが、効果や成分は全く同じなので抵抗がない方でステンドラを試したい!
そんな方は上記のジェネリックを購入すると良いでしょう。

ステンドラの総括

最後になりますが、まとめとしてステンドラはこれまで販売されてきたバイアグラ、レビトラ、シアリスの良い部分を集結させた最新型ED治療薬です。
2014年からアメリカで販売開始されており、まだ日本では流通してないため、通販サイトを使って購入するほかありません。

これは新薬、ジェネリックどちらも同じです。

これまでのED治療薬を服用してきて副作用が強い、体質に合わない、思うような勃起力にならない…。
そのような悩みを抱えている男性は是非ステンドラを試してみてください。

世界観がきっと変わりますよ。