バリフ(レビトラジェネリック)

バリフは日本でも処方されている安全性の高いレビトラのジェネリック医薬品です。

レビトラと同じバルデナフィルを配合しておきながら、価格を抑えることに成功したED治療薬で、世界的に見ればレビトラジェネリックの中でも知名度が高い商品になります。

Amazonや楽天では販売しておりません。正規品のみ扱っている安心・安全な「お薬なび」さんで通販可能です。

内容量 価格 単価(1錠)
20mg/10錠 1,900円 190円

バリフの特徴

バリフはインドのアジャンタファーマ社が販売するレビトラのジェネリックです。

レビトラと同じ成分バルデナフィルを配合していますので、代名詞とも言える即効性と食事の影響を受けずに勃起を引き起こす魅力は健在です。
服用から30分程度もあれば十分身体に馴染む吸収力の良さ、そして食事の影響を受けないことによるムードを作ってからの性行為や急な場面にも対応力のあるED治療薬となっています。

また製造販売を行うアジャンタファーマ社は、日本の厚生労働省にあたるアメリカ保健機関FDAになんと17商品も承認されるほどの製薬会社となっており、安全性、品質共に完成度の高いものばかりが輸出されている実績があります。

用量がレビトラと比較すると20mgのみ取り扱いとなり、体格の大きい海外男性向けになっています。
そのため個人輸入で日本人が服用する場合には、必ず錠剤を半分にして10mgで服用する必要があります。

これによってコストカットが実現され、1錠で2回分となることから経済的に浮かせることが可能です。

バリフの効果・効能

バリフの効果としてはレビトラと同じバルデナフィルを配合しているため全く同じ効果となります。

有効成分バルデナフィルは血管拡張作用があり、毛細血管隅々まで血液を巡らせることができます。
血行が良くなるとペニス周辺に血液が集まりやすくなり、結果勃起を引き起こす部位となる海綿体に血液が流れ込みます。

血液が流れ込んだ海綿体は膨張する特性があり、海綿体が膨張することでペニスは勃起を引き起こすことができます。

レビトラ同様バリフはPED-5阻害剤として知られており、EDの原因となるPED-5酵素を持続時間内は阻害する働きがあります。

PED-5は誰でも分泌している酵素でありますが、この酵素量が多くなってしまうことでペニスは中折れなどの原因となります。
勃起の妨げとなるこの酵素をバルデナフィルが抑え込みつつ、血管を拡張することで勃起を持続することができるのです。

バルデナフィルは水分に溶けやすい性質であることから、服用後は早い段階で身体に馴染み、5~10時間ほど持続します。

バリフの価格

病院処方 約7,000円(4錠) 1,750円(1錠)
レビトラ 約5,500円(4錠) 1,375円(1錠)
バリフ 1,900円(10錠) 190円(1錠)

レビトラを国内のクリニックで処方してもらう場合には、「自由診療」となるため各自治体や国が指定した料金ではなくクリニック側で自由に設定することができます。
またED治療薬を処方する際に処方箋を出さなければいけないことから、毎回同じような診察を繰り返し、これだけでも数千円に上ります。

その点個人輸入サイトを使えばこのような診察がなくレビトラジェネリックを購入できるため安上がりです。
また個人によってはクリニックまで向かう交通費もかかってしまう手間や問題も通販なので自宅配送が可能です。

Amazonや楽天では販売しておりません。海外通販代行サイトで簡単購入出来ます。

※正規品のみ取り扱いの安心・安全で有名な「お薬なび」さんの価格をご紹介しております。

内容量 価格 単価(1錠)
20mg/10錠 1,900円 190円
20mg/30錠 5,130円 171円
20mg/100錠 15,200円 152円

バリフの副作用

バリフは正しく服用する事でEDを克服できる男性の強い味方です。
反面でどんな医薬品にも意図しない効果が生じてしまう副作用がありますがバリフも例外ではありません。

バリフを服用することで比較的引き起こしやすいと言われれている代表的なものをピックアップしてみました。

  • 頭痛
  • 顔のほてり
  • 鼻づまり
  • 動悸
  • 吐き気
  • 胃のむかつきなど

頭痛や鼻づまりに関しては、毛細血管が拡張されたことで神経を圧迫して引き起こし、動悸や顔のほてりは血液循環が良くなっていることで引き起こします。
お酒を飲めば血流が良くなるように副作用はどれもそんな感覚に近いものとなっていることから、成分が馴染んだ合図と捉えて性行為をすることもできます。

あまり気にする必要はありませんが、長引く場合や重症化するようであれば医師に診察してもらいましょう。

またこれらの副作用以外にも重篤な副作用が先発レビトラの臨床試験で報告されています。
次のような症状が出た場合にはバリフの服用を中断して医師の診察を受けてください。

  • 発作、不安障害
  • 勃起時間の延長
  • 視界能力の低下、損失

効果が強く表れることから発作などの報告が挙げられています。
レビトラの持続時間は最大10時間ですがこれ以上経過しても刺激なしで勃起が静まらない場合、勃起時間の延長であることが疑われます。

また、ごく稀ではありますが海外で視界能力の低下がありました。

見える物が青緑色に見えたり丸型のものが映り込んでしまう現象がありますので、これらの症状が出た場合にはすぐに医師に診察してもらいましょう。

バリフの注意点

バリフを服用する上で気を付けたいのが副作用以外で併用する医薬品です。

バルデナフィルは飲み合わせの悪いものがいくつかあるため、それらと併用してしまうと副作用が強く出る報告がされています。

持病持ちや治療中の疾患がある場合で現在医薬品を服用している場合には、該当するかどうかを必ず確認してください。

併用禁止薬

併用禁忌薬はバリフと最も相性が悪く、絶対に飲み合わせしてはいけない薬になります。

  • CYP3A4を阻害する薬剤(リトナビル、アデムパス、ケトコナゾールなど)
  • クラスIA抗不整脈薬(キニジン、プロカインアミドなど)
  • クラスIII抗不整脈薬(アミオダロン、ソタロールなど)
  • 硝酸剤及びNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど)

これらを併用してしまうと、降圧作用が強く出てしまい急激な血圧低下につながる危険性が報告されています。
そのほかにも症候性低血圧、血漿中濃度が上昇、QTc延長などが臨床試験で報告されています。

併用注意薬

併:用注意薬は禁忌薬のように禁止事項ではありませんが、服用時に注意すべき医薬品になります。
医師や薬剤師などでない場合には、服用前に相談するのが良いでしょう。

  • CYP3A4を阻害する薬剤(マクロライド系抗生物質、ビカルタミド、リファンピシン等など)
  • α遮断薬
  • カルペリチド

血漿中濃度の上昇と低下によって、効果や副作用が強く出てしまう恐れがあります。
それ以外でも症候性低血圧や血圧低下に繋がる危険性が報告されています。

その他

薬以外でもっとも身近にあり、併用してしまいがちなものとしてグレープフルーツの存在が挙げられます。
グレープフルーツの成分にはフラノクマリンと呼ばれるものが含まれており、バルデナフィルの吸収を妨げてしまう恐れがあります。

成分吸収が遅れてしまうと成分が想像以上に体内に残ってしまい、効果や副作用の増強に繋がります。
そのためバリフを服用する際には気を付けたいポイントでしょう。

またこのフラノクマリンは体内に2日前後潜伏する成分としても有名です。
バリフを服用した後と前の2日間は摂取しないようにしましょう。

注意点まとめ

バリフを服用する際の併用してはいけない物、そして注意すべき薬を挙げさせていただきました。
十分に注意して医師と相談しながら服用開始するようにしましょう。

最後にバリフ自体を服用してはいけない方がいます。
次に該当する男性はバリフを服用することができませんので、違うものに切り替える、もしくは別の方法で勃起手段を探しましょう。

  • 有効成分バルデナフィルに対しアレルギー反応がある男性
  • 網膜色素変性症を患っている男性
  • 不安定狭心症の男性
  • 低血圧の男性(上90下70以下)
  • 先天性のQT延長をお持ちの男性
  • 重度の肝障害、腎障害を抱える男性
  • 心血管系障害など、心筋梗塞・脳梗塞を過去半年以内に発症した男性

バリフの口コミ・体験談

冒頭でもお話ししたようにレビトラジェネリックは個人輸入代行を使うほか購入する手段がありません。
そこであまり馴染みない私たち日本人のために、実際に通販サイトを使って購入している男性たちの声を集めてみましたので参考にしてみましょう。

30代後半男性

バリフなんて聞いたこともなかった。
レビトラのジェネリックって日本にないから怖すぎるし大丈夫かと眺めているだけだったんだけど、知人が普通に使っていることにびっくり。
聞いてみるとむしろ効果が強くて最高だよって言ってたので試しに購入してみたら本当にそうだった。
用量が多い分だけ錠剤をかじって半分にするので経済的にグット!

40代後半男性

この値段でレビトラを服用できると考えれば、セックスできなくなる年まで続けられそうです。
レビトラの処方を続けていたら私は年間で10万円以上使う計算でしたが、バリフに切り替えてからは2万円でおつりがくるので、趣味のサイクリングに使うことができています。

50代前半男性

通販を使えばわざわざ病院に出向かなくても良いのでバリフは非常に重宝しています。
これからは病院に行くこともないでしょう。
初めて使う時に通販サイトを使ったことがなかったので息子にお願いしたのですがそれだけ恥ずかしかったです。

50代後半男性

何が助かると言われればやはり通院の手間でしょうね。
足腰が痛く、病院に行くのが面倒ですがセックスはしたいので、私にとっては床屋と同じ感覚です。
行かなければ清潔感がないのは分かっているのですが、行くのが面倒な、そんな感覚でしたが自宅に届けてくれると言う新手のサービスは本当に感謝です。

20代後半男性

バリフも良いけどレビスマも良い。
レビトラは高すぎてばかばかしくなるので。

口コミ・体験談まとめ

バリフ自体が安値で購入できるのはジェネリックである以上当然ですが、何よりも通販を利用する最大のメリット、配送サービスが良いことで使っている方が多いようです。

バリフの総括

バリフは日本で購入することができず、海外では処方されている実績あるレビトラジェネリックになります。

現在レビトラを使っているけれど、何とかして料金を抑えたい、バイアグラのジェネリックに切り替えたいけれど体質に合わない、そんな男性が価格を抑えてレビトラを使える唯一の手段が個人輸入を使ってバリフに切り替える方法です。

また現在レビトラの製造元、バイエル社の製造工場問題で輸出できずドイツ国内だけでレビトラを流通させているなどの噂もあることから、いつレビトラが国内で復旧するか見通しも立っていない現状となっています。

そんな問題を素早く解決してくれるバリフはレビトラ愛好家の強い味方です。