その他バイアグラジェネリック

バイアグラは最初に誕生したED治療薬でその効果の高さから、数多くのジェネリック薬が開発されました。
先発薬に比べ価格が安く、バイアグラと同等の効果が期待できるジェネリック薬は人気が高く広く世界的に使用されています。

病院やクリニックで処方を受け複数回使用するのであれば、バイアグラジェネリックの使用はとてもお得といえます。
こちらのページでは、バイスマ以外のバイアグラのジェネリック薬を紹介します。

パラソルが飛んでいる画像

カマグラゴールド

カマグラゴールドの特徴

カマグラゴールドはアジャンタファーマ社が製造・販売している、バイアグラのジェネリック薬です。

バイアグラのジェネリックの中でも歴史が古く、その効果の高さから世界中で多くの方が利用しているED治療薬の一つです。

成分にバイアグラと同じシルデナフィルが使用されているため、バイアグラと同様の強い硬さの勃起を維持することでEDを改善する効果が期待できます。
錠剤は緑がかった青いひし形が特徴です。

カマグラゴールドの服用

カマグラゴールドは1日1回、25~50㎎を性行為の30分~1時間前に服用してください。服用後30分ほどで効果が現れ始め、1時間ほどで効果のピークになります。

効果時間は5~6時間継続します。効果時間以内で性行為が行えるようにタイミングを見て服用するようにしてください。

効果時間の切れる頃や時間が過ぎた後では、カマグラゴールドの効果が十分に得られない場合があります。

日本人の体形は欧米の方と比べ小柄のため、初めて使用する場合は25㎎が推奨されています。25㎎で効果が無い場合には50㎎、75㎎、100㎎と用量を上げ自分の体に合った用量を使用してください。

カマグラゴールドは50㎎と100㎎の用量の錠剤があるので、ピルカッターなどで半分にカットして使用できます。

カマグラゴールドの注意点

カマグラゴールドの成分であるシルデナフィルは食事の影響を受けやすい特徴がありますので、食後に服用する場合は食事から2時間経過して服用してください。もしくは、空腹時に服用し体に吸収された30~40分後に食事をするのであれば効果が失われることはありません。

アルコールは飲みすぎると、血管が拡張する効果があるため酔いが早く回る可能性がありますので十分に注意が必要です。

併用が禁止されている薬には硝酸剤・NO供与剤、アミオダロン塩酸塩、sGC刺激剤があります。
硝酸剤・NO供与剤は血管を拡張する効果があるため、急激に血圧が低下してしまう恐れがあります。

アミオダロン塩酸塩は心不全の治療に使用される薬です。併用すると不整脈や低カリウム・マグネシウム血症になる可能性があります。
sCG刺激剤は肺高血圧症に使用される血管拡張作用のある薬ですので、カマグラゴールドと併用することで、急激な血圧低下を起こす場合があります。

その他の降圧剤についても同様の症状が現れ、低血圧によるふらつきやめまいを起こす場合があります。

グレープフルーツも併用に注意が必要です。グレープフルーツに含まれるフラノクマリンという成分は薬の代謝を遅らせる働きがあるため、副作用が強く出る可能性もあるので服用する際にご注意ください。

カマグラゴールドまとめ

カマグラゴールドはバイアグラのジェネリック薬のため、同じ成分のシルデナフィルが使用されています。

そのため、バイアグラと同じ効果が期待でき、価格も安くなります。
バイアグラの処方の相場は1錠1500円ほどです。カマグラゴールドの場合1錠460円です。

何度も使うことを考えると、バイアグラの約1/3ほどの価格で購入できるのでとてもお得です。
カマグラゴールドは国内で未認証の薬です。そのため病院やクリニックでの処方されていません。

しかし、カマグラゴールドは個人輸入であれば海外の通販サイトから購入できます。 人気のバイアグラジェネリックであるカマグラゴールドは、中折れやEDなどの夜の営みでお悩みの方におすすめの薬です。

ゼネグラ

ゼネグラはインドのアルケムラボラトリーズが製造・販売しているバイアグラのジェネリックです。

アルケムラボラトリーズはインドのムンバイに拠点を置く、大手製薬会社です。糖尿病やマラリア、心臓や免疫、中枢神経などの治療薬の開発や様々なジェネリック薬、栄養食品補助薬など多岐にわたり医薬品を手掛けています。

高い品質とブランド力で知られています。
成分はバイアグラと同じシルデナフィルが使用され、バイアグラと同等の効果が期待でき、安価で購入ができるためとてもお得です。 錠剤はバイアグラと似た青いひし形が特徴です。

ゼネグラの服用

ゼネグラは1日1回、25~50㎎を性行為の1時間前に服用してください。服用後30分ほどで効果が現れ始め、1時間ほどで効果のピークになります。

効果時間は4~6時間継続するので、時間内で性行為が行えるようタイミングを見計らい使用してください。

薬の切れかかりや切れた後などは、ゼネグラの効果が得られず満足のいく性行為ができない場合があります。
日本人の体形では、初めて使用する場合25㎎か50㎎で十分効果が得られる場合があります。

25㎎または50㎎、75㎎、100㎎と自分の体に合わせた用量で使用してください。
ゼネグラは100㎎の用量ですので、ピルカッターなどで半分または1/4にカットして使用できます。

ゼネグラの注意点

ゼネグラはバイアグラと同じ成分ですので、食事の影響を受けやすい特徴があります。
空腹時に服用し体に吸収された後の30~40分後であれば、食事をしても効果が失われることはありませんので、好きな物を食べてもかまいません。もしくは食事は服用するタイミングの2時間前に済ませておくようにしてください。

アルコールは血管が拡張する効果があるため、併用すると酔いが急激に回る可能性がありますのでご注意ください。

併用が禁止されている薬には硝酸剤・NO供与剤、アミオダロン塩酸塩、sGC刺激剤があります。

硝酸剤・NO供与剤は血管を拡張する効果があるため、急激に血圧が低下してしまう恐れがあります。

アミオダロン塩酸塩は心不全の治療に使用される薬です。併用すると不整脈や低カリウム・マグネシウム血症になる可能性があります。

sCG刺激剤は肺高血圧症に使用される血管拡張作用のある薬ですので、ゼネグラと併用することで、急激な血圧低下を起こす場合があります。

その他の降圧剤についても同様の症状が現れるため、低血圧によるふらつきやめまいを起こす場合があります。

グレープフルーツ(またはグレープフルーツのジュース)も併用に注意が必要です。グレープフルーツに含まれるフラノクマリンという成分は薬の代謝を遅らせる働きがあるため、副作用が強く出る可能性があります。

ゼネグラまとめ

ゼネグラはバイアグラのジェネリック薬です。そのため同じ成分であるシルデナフィルが使用され、バイアグラと同等の効果が期待できます。

クリニックなどでのバイアグラの処方は1錠1500円が相場になります。ゼネグラの場合1錠400円です。

何度も使うことを考えると、バイアグラの1/3以下で購入できるのはとてもお得といえます。
ゼネグラは現在国内で承認されていない薬のため、処方や購入することができない薬となっています。

しかし、ゼネグラは個人輸入であれば購入することができ、違法性もなく通販サイトを利用できます。
これまでED改善のためバイアグラを使用していた方で、薬代を抑えたい方などにおすすめのED治療薬です。

シラグラ

シラグラの特徴

シラグラはインドのシプラ社が製造・販売するバイアグラのジェネリック薬です。 バイアグラと同じ成分シルデナフィルを含むため、バイアグラと同等の効果が期待できます。

シラグラを製造しているシプラ社はインドでも最大規模の製薬メーカーです。HIVのワクチンに関しては発展途上国を含む世界40%のシェアのある、安全性や信頼性の高いことでも知られるグローバル企業です。その他、AGA治療薬やED治療薬、性感染症治療薬など多くのジェネリック薬も開発しています。
錠剤は薄紫の楕円形が特徴です。

シラグラの服用

シラグラは1日1回、25~50㎎を性行為の1時間前に服用してください。服用後30分ほどで効果が現れ、1時間後に成分の血中濃度がピークになります。

効果時間は4~6時間継続するので、効果時間内で性行為を行うようにしてください。

シラグラは1錠100㎎ですが、日本人の標準的な体形では25㎎~50㎎が推奨されています。25㎎でも十分効果が現れる場合がありますが、効き目が弱い場合は50㎎、70㎎、100㎎と用量をふやしていくことができます。その際にピルカッターを使用すれば、1錠を半分や1/4にカットして用量を調整してください。

シラグラの注意点

シラグラの成分であるシルデナフィルは食事の影響を受けやすい特徴があります。 胃で成分の吸収が行われるため、胃の中に食べ物が入っている状態では、成分が吸収されにくくなり効果が現れないことがあります。

シラグラは空腹時の服用が推奨されています。食事をする場合は必ず服用の2時間前までに済ませておくのがベストです。

もしくは空腹時に服用しておき、成分が吸収された30~40分後に食事をとれば効果に影響はありません。
アルコールも飲み過ぎてしまうと、成分の血管拡張の効果から酔いが早く回ってしまいますのでご注意ください。

シラグラと併用禁忌とされる薬には硝酸剤・NO供与剤、アミオダロン塩酸塩、sGC刺激剤などがあります。

硝酸剤・NO供与剤は血管を拡張する効果があり、併用すると急激に低血圧症になる場合があります。

アミオダロン塩酸塩が含まれる薬は心不全などの治療薬です。シラグラとの併用はQT延長と呼ばれる症状になり、不整脈や低カリウム・マグネシウム血症を起こすことがあります。 sCG刺激剤は肺高血圧症に使用され、血管拡張の効果があります。その他の降圧剤も同様の効果があるため、低血圧によるふらつきやめまいなどの低血圧症を起こす場合があります。

シラグラの服用時にグレープフルーツやグレープフルーツジュースを一緒に摂ると、フラノクマリンという薬の代謝を遅らせる働きがある成分が作用し、副作用が強く出る可能性もあります。

シラグラまとめ

シラグラはバイアグラと同じ成分が配合されているため、バイアグラと同等の効果が期待できます。

ジェネリック薬のため低価格で購入できます。
病院やクリニックでの処方される相場はバイアグラ1錠1500円です、それに対しシラグラは1錠500円ですのでおよそ1/3の価格です。

シラグラは国内で未承認の医薬品ですので、病院での処方はありません。しかし海外から個人輸入で購入できます。海外の医薬品を取り扱う通販サイトがあるので、そのサイトを利用すれば通常の通販と同じように購入できます。

ピーフォースフォート

ピーフォースフォートの特徴

ピーフォースフォートはインドのサンライズレメディー社が製造・販売しているバイアグラのジェネリック薬です。

サンライズレメディー社はインドで急成長を遂げている製薬会社の一つです。主にED治療薬や早漏防止薬のジェネリックを開発していますが、それ以外にも心臓病やマラリアの治療薬など多くの種類の薬も開発しています。低価格で品質の高さから諸外国で広く使用されています。

ピーフォースコートも数多くのED治療薬を製造している中の一つですので、品質が高く低価格でバイアグラと同等の効果が得られるため人気の商品です。

他のバイアグラジェネリックとの違いとして、1錠の用量が150㎎と他のものより多く、価格もさらに安価なことが挙げられます。
錠剤は水色のひし形が特徴です。

ピーフォースフォートの服用

ピーフォースフォートも他のバイアグラジェネリックと同様の服用方法なります。 しかしピーフォースフォートは成分のシルデナフィルの用量が多く、1錠で150㎎あります。通常成人の1日の最大用量は100㎎です。

服用前にピルカッターで半分にカットして使用することをおすすめします。
服用のタイミングは性行為の1時間前、服用後30分ほどで効果が現れ始め、1時間で血中の成分濃度がピークになります。

効果時間は5~6時間継続します。効果時間が終わる頃は十分な効果が得られない可能性があるので、効果が高い時間に性行為をするようにしてください。

ピーフォースフォートの注意点

ピーフォースフォートは成分シルデナフィルが含まれているため、脂分を多く含む食事に影響を受けやすい特徴があります。
そのためバイアグラ同様、空腹時の服用が推奨されています。

食事の後に服用する場合には、2時間ほど置いて胃の中のものが消化されてから服用するようにしてください。

あるいは空腹時食事の30~40分前にピーフォースフォートを服用してください。十分に成分が胃から吸収された後であれば、食事の影響を受けることはありません。
アルコールは少量であれば問題はありませんが、アルコールの摂り過ぎは血管が拡張されるため、酔いが早く回ってしまう危険性があります。

ピーフォースフォートと併用が禁止されている薬には硝酸剤・NO供与剤、アミオダロン塩酸塩、sGC刺激剤があります。
ニトログリセリンやザルティアなどの硝酸剤やNO供与剤は主に心不全などの治療に使用される血管を拡張する効果がある薬です。
どちらも血管拡張作用があるため、併用すると急激に血圧が低下してしまう恐れがあります。

アミオダロン塩酸塩も心不全の治療に使用される薬です。併用することでQT延長(不整脈や低カリウム・マグネシウム血症)になる可能性があります。
sCG刺激剤や他の降圧剤も血管拡張作用のある薬ですので、ピーフォースフォートと併用することで、急激な血圧低下によるふらつきやめまいになる場合があります。

グレープフルーツ(またはグレープフルーツのジュース)も併用に注意が必要です。グレープフルーツに含まれるフラノクマリンという成分は薬の代謝を遅らせる働きがあるため、副作用が強く出る可能性があります。

ピーフォースフォートまとめ

ピーフォースフォートは他のバイアグラジェネリックとは違い、用量が150㎎と多いのが特徴です。

さらに他のバイアグラジェネリックの価格がおよそ1錠450~500円なのに対し、ピーフォースフォートは1錠230円ほどでとても安価で販売されています。
ED治療薬は用量が多い場合はピルカッターなどでカットして使用できます。

体格の大きくない方であれば、25㎎からでも効果が現れるので、ピーフォースフォートを1/4にカットしても十分に効果が発揮されます。価格も抑えられているので非常にコスパの高いのも特徴です。

ピーフォースフォートは国内で未承認のため、処方することができない医薬品です。

しかし、海外医薬品の通販サイトを利用すれば購入できます。
EDの症状にお悩みの体の大きい方や、コスパ重視の方にはとてもおすすめの商品です。

まとめ

バイアグラジェネリックは開発に費用が掛かっていない分、販売価格が抑えられ価格が先発薬のバイアグラと比べても1/3ほどの値段で購入ができます。

さらに成分がバイアグラと同じシルデナフィルなので、同等な効果が期待できます。
海外で主に使用されているものが多く用量が大きく作られています。日本人は体格的に大きな用量は必要ないので、ピルカッターなどでカットして使用しても十分に効果が得られるので、とてもお得に使用できます。

ED治療薬には一般的には保険が適用されないため、病院やクリニックで処方されるとコストがかかってしまうものです。

海外のバイアグラジェネリックを使えば薬代の負担が抑えることができます。
国内では未承認の薬になっていますが、注文者本人が使用するのであれば海外からの個人輸入で購入できます。