バイスマの副作用や注意点をご紹介

医薬品を服用する場合は、必ず目的の効果へ働く主作用と、目的とは別の効果が出てしまう副作用というものがあります。

これは、どのお薬、もちろんジェネリックのバイスマを服用する際も同じです。
バイスマやバイアグラの場合は基本的に、【シルデナフィル】という成分を含んでいるので血管を拡張させ、血流を促進させる作用がある為、現れる副作用は一時的なものとなっており、薬が効いてきているという証拠のようなものですので気にする必要はありません。

バイスマを服用するにあたり、バイスマの副作用と服用時の注意点をお教えします。
先発品のバイアグラと同じ有効成分の【シルデナフィル】を含みますので、副作用や服用時の注意点もほとんど同じものとなっております。

よろめく人形の画像

バイスマの副作用

  • 顔のほてり
  • 動悸
  • めまい
  • 鼻づまり
  • 頭痛
  • 目の充血
  • 消化不良

バイスマを服用した場合の副作用として、上記のような症状が報告されております。
この症状は、先発品のバイアグラを服用された方の副作用としても、多く報告されております。
このような副作用は、全て一時的なものがほとんどで、有効成分の【シルデナフィル】に血管を拡張する作用がある為、薬が作用してきている証しともいえます。
深刻に捉える必要はありませんが、副作用の症状が重かったり、症状が長引く場合、気になる症状などがでた場合は、病院やクリニックを受診し医師へお伝え下さい。
尚、全ての副作用を表記しているわけではございませんので、その他症状で気になる場合も、受診し医師へご相談下さいませ。

副作用の対処法

バイスマを服用すると、血管拡張作用により、【頭痛】【顔のほてり】【動悸】【めまい】【目の充血】【消化不良】などのような副作用の症状が現れます。
この副作用は、一時的なものですので、6時間前後で治まれば気にすることはありませんが、副作用が気になる場合の対処法をいくつかお教えします。
まず、頭痛が酷い場合は、頭痛薬との併用が可能ですので、市販のイブやロキソニン、バファリンなどを服用しても問題はありませんので、頭痛が気になる場合は、頭痛薬を使用すると良いです。
また、顔のほてりや、目の充血など光に過敏になったり、色が変化して見えたりしてしまうこともあります。その場合は、消灯し安静にするとよいです。

バイスマの注意点

  • 性行為の約1時間前に、水で服用しましょう。アルコールでも可能ですが、飲みすぎてしまうと余計に効果がなくなってしまうこともありますし、血管拡張作用により、酔いが回りやすいため、飲みすぎには、注意しましょう。
  • 牛乳などの脂肪分を含む飲み物と服用すると、成分の吸収を妨げてしまう為、おやめ下さい。
  • 服用は、1日に1回となっております。服用後、次回の服用をする際は、必ず24時間以上間隔をあけてください。
  • 服用すると、常に勃起をしているわけではなく、性的刺激がなければ勃起をすることはありません。又、性的興奮増進などの作用もありません。あくまでも、勃起の補助的な役割となっています。
  • 食後に服用してしまうと、効果が落ちてしまいます。食前、もしくは、食後2時間以上あけて、服用することをおすすめします。

併用禁忌

併用禁忌薬とは、単体での服用は問題ありませんが、一緒に服用する場合は飲み合わせの相性が悪く併用することで身体に悪影響を与えてしまうリスクがあるお薬のことです。
下記のお薬は、バイスマを服用する場合の、併用禁忌薬となっております。

  • 亜硝酸アミル
  • 硝酸イソソルビド(フランドル・ニトロール)
  • 一硝酸イソソルビド(アイトロール)
  • ニコランジル(シグマート)
  • ニトログリセリン(ニトロペン・ミオコールスプレー・ニトロダーム・ミリステープ)
  • ニトロプルシドナトリウム水和物※併用することにより、降圧の作用を増強させてしまう恐れがあります。
  • アミオダロン塩酸塩(アンカロン錠)※併用することで、QTCが延長してしまう恐れがあります。

併用注意

  • 降圧剤※併用することにより降圧の作用が増強してしまう恐れがあります。
  • α遮断剤※併用することにより、眩暈やふらつき(低血圧状態)を引き起こすことがあります。
  • カルペリチド※併用することにより降圧の作用が増強してしまう恐れがあります。
  • チトクロームP450 3A4誘導薬※併用することにより、血中濃度が低下してしまい効果が得られなくなる可能性があります。
  • チトクロームP450 3A4阻害薬※併用することにより、血中濃度が上昇してしまったり、AUC【薬の濃度が体内で作用しているのかという数値】が上昇してしまう可能性があります。
  • グレープフルーツ※グレープフルーツには、フラノクマリンという成分が含まれており、この成分によって体内の代謝酵素の働きを妨げてしまうため、薬剤の成分の分解を遅らせてしまいます。
    (グレープフルーツジュースも含みます)

バイスマを服用できない人

  • 血圧の低い方。(最大血圧が90mmHg未満、又は最低血圧が50mmHg未満の方)
  • シルデナフィルの成分に対してアレルギー症状が出てしまう方・過敏症の方。
  • 心血管障害があり、性行為を行う方が不適当の方。
  • 半年以内に脳梗塞や心筋梗塞、脳出血の既往歴がある方。
  • 脳膜色素変性症の方(進行性の夜盲と診断された方も含む)。
  • 未成年の場合の安全性が確立していない為、未成年の方。
  • ニトログリセリン・硝酸剤を服用している方(血圧がかなり低下してしまい死亡してしまう危険性もあります)。

その他、腎臓や肝臓などの疾患をお持ちの方、止血しにくい方、薬物アレルギーがある方など、持病や気になる症状がある方は、事前に医師へご相談下さい。

まとめ

  • 薬には、必ず主作用と副作用がある。
  • バイスマは、バイアグラと同じ有効成分の【シルデナフィル】を含むため、基本的にバイアグラを服用する際の副作用や注意点と同じものになっている。
  • 有効成分のシルデナフィルには、血管を拡張する作用がある為、頭痛や顔のほてりなどといった副作用が主にみられるが、薬が効いてきている証拠であり、一時的なものとなっている為、特に心配しなくても問題ないものとなっている。
  • 併用することで、死亡してしまうほど血圧が低下してしまう恐れがある薬剤もある為、普段から服用しているお薬がある方は、注意する必要がある。
  • バイスマを服用する日に、グレープフルーツ(ジュースを含む)を口にする際には、注意が必要。